不動産(賃料滞納) - 久留米の弁護士〜宮地信太郎法律事務所(福岡県久留米市城南町20-3-1F)

久留米の弁護士 宮地信太郎法律事務所(福岡県久留米市城南町20-3-1F)

不動産(賃料滞納)

 一般に、不動産借主の賃料滞納にも二つの場合があります。

 一部を入金し何とか支払意思が認められる場合には、催促を続けながらしばらく様子を見た方が良いでしょう。

 しかし、滞納が長期化している場合は、滞納賃料の回収の手立ては講じながら、早めに追い出して他の人に貸して賃料をもらうという方が得策だと言えます。

    すなわち、明渡請求を優先させて、後からじっくりと滞納賃料の回収(場合によっては分割でも)をするということです。

 その方法としては、まず、内容証明郵便を出して、賃料の期限を定めた支払催告と支払のない場合には賃貸借契約を解除する旨を通知します。

 それにも拘わらず、支払がなされない場合には、裁判をすることになります。
 賃貸借契約書があり、賃借人が賃料を滞納していることが明らかであればこの手の裁判は短期間(審理1、2回で2、3週間後に判決)で終わるものです。

 判決が出ても賃借人が出ていかない時は強制執行の申立をして、建物明渡もしくは建物収去土地明渡を実現することになります。

 このような適切な対応をとることによって賃料不払の場合の明渡は比較的早期に解決できます。

 詳しいことについてはお尋ねください。

Copyright ©2008-2012 NorenzPRO Ltd. All Rights Reserved.
Powered by AD-EDIT3 / NorenzPRO